街に溢れるイルミネーション。

行き交う人々の、笑顔と弾む声。

響く音楽、部屋では暖かく灯るキャンドル。

ツリーに飾られた煌びやかな装飾が、白い雪に揺れる。

すべての人に優しい、聖職者が生まれ。いくつもの奇跡が起こる、聖なる夜。

天使の祝福と、神の光に包まれる日。

だから、今晩位。

僕は休みを取ったって、いいでしょう?

こんな日に、涙など似合わない。

落ちた雫を受け止める勇気もないのに。逆らう術さえ見つからないのに。

祈らずにはいられない。裏切った、かの方に。

どうか、僕に抗う力を下さい。

神よ・・・。

 

 

「どうした、こんなところで座り込んで」

少しでもこの祈りが届くように。

小さな村に佇む、賛美歌の響く教会の裏。

真っ白な壁に手を当て、膝をつき、入ることの叶わないその中へと想いを馳せる。

場所など、関係のないことは。僕が一番わかっていたはずだった。

神へ祈りを捧げるためにある、この場所に。

神が降りることはない。

それは、決定事項だったから。

気まぐれに天使達が、そこに奇跡と言う名の事象を起こすことはあっても。

神自身は、決してこの場所に姿を現すことはない。

地上に降り立つ、はずがない。

だから、僕はすぐに振り向けなかった。優しくかけられた、背後からの声に。

聞き覚えのある、ここにいてはならない人の声に。

「何故、貴方がここに・・・」

「うーん、何故かな・・・聖夜の奇跡、とか・・・どうだろうか」

「どうだろうか、じゃありませんよ」

恐る恐る振り向き、その姿を確認して。思っていた通りの姿が目に映る。

問いかける言葉は、確実に震えていた。

なぜならそこには。遥か昔に、僕から一方的に離れた、大切な元主人が立っていたから。

まるでここにいることが、ごく自然なことのように。穏やかな笑顔で。

 

 

「駄目かい?うーん、そうだな。じゃあ・・・」

「わかりました、もういいです。理由はもういいですから、早くお戻りください」

「そんなつれない事を言わないで、しばらく私に付き合ってくれないかい?」

「ご冗談を。僕のような者と貴方がご一緒するなど、許されるはずがありません」

「よし、じゃあ行こうか」

「話を聞いてください」

迷い無くこの穢れた手を取って、導くその背には。隠していてもわかる、輝く真っ白で大きな翼が見える。

けれどどうしてだろう。

以前のように、まばゆくて見つめられない。けれど目を逸らせない。

そんな雰囲気が、途切れ途切れにしか感じられない。

消え入りそうな位、その力が弱まる瞬間があるような気がする。

気を抜けば、闇に攫われてしまいそうな。そんな危うい瞬間が。

僕のような存在と一緒にいれば、その危険は強まるばかりなのは、考えるまでも無い。

そんな単純なことが、わからないような方ではない。

自分がいなくなれば、世界がどうなるか。それを考えない方なわけがない。

ならば、何故。

「どうしたんだい?怖い顔をして」

「離して下さい」

「嫌だ」

「・・・っ」

導かれるように歩みを進めていた足を止め、うつむいたまま。

ありったけの勇気を出して、掴まれた手を離してもらうために告げた言葉は。

驚くほど即座に却下された。

弾かれるように顔を上げると、そこにはまっすぐに僕を見つめる瞳。

この方を、失うわけにはいかないのに。

穏やかで、万人に平等で、優しい優しいこの方が。

こういう表情をする時。

僕では決して、考えを変えさせることはできない。

かみ締めた唇から、鉄の味がする。

どうしたらいいのだろう。

 

 

「すまない。私はいつも、君には我が儘ばかりだ」

「え・・・」

「どうしてかな。こんな風に甘えてばかりだったから、愛想をつかされてしまったのかもしれないね」

「違いますっ。僕が貴方の側を離れたのは・・・」

悲しそうな顔で、辛そうな顔で。

そっと離そうとするその手を。咄嗟に僕の方から掴んでいた。

わかっていたのに。僕がこの手を取ることは、誰も幸せにしない事は。

けれど、決して離される事がないと思っていたその手を。あまりにも素直に離そうとする事が、不自然に感じて。

どうしてだろう、ほっておけない。そう思ったんだ。

僕なんかいなくたって、駄目になる方じゃない。

むしろ僕が離れた方が、きっとこの方の為なのに。

側にいなければ。と、思った。

「ありがとう」

「あの・・・」

「どういたしまして」

妖艶に響く声が、僕の言葉を遮って放たれる。

途端、嬉しそうな笑顔が視界から消えた。

崩れ落ちていくその身体の向こう側に、僕の今の主人の姿が見える。

真っ黒な翼の、巨大な闇を纏う。今日この日に、一番似合わない方。

 

 

「・・・我が、君」

「ご苦労様、よくやったわ」

足元に落ちる、その姿を捉えられなくて。その勇気がなくて。

呆然と。赤に染まった鎌を手にする、主人を見つめることだけで精一杯だった。

「何故」

「何故?愚問ね。今日の仕事は伝えておいたはずだけれど」

可笑しそうに笑う主人の言葉に、動こうとしない頭を少しずつ回転させようと試みる。

聖なる夜。

光溢れるこの日だからこそ、奪える力がある。

奇跡は、すべての者に平等に。その機会が与えられるのだから。

地上に堕ちた、小さな光を我が手に。

その手伝いを。

「僕は、引き受けるなんて・・・」

「断れるとでも思っていたの?」

「そんな・・・だけど、小さな光なんて比喩。この方に当てはまるはずが」

「無い、とでも?」

射抜くように見つめられて。途切れがちだった力の意味に気付く。

地上に「堕ちた」小さな光。

僕の知っている態度とは、違う行動。

決してこの場所に姿を現すことはない。地上に降り立つ、はずがない。

神様ならば。

「そんな・・・」

「そうね、離れたと言っても貴方の元主人ですもの。別れの時間位は、与えてあげるわ」

今晩の仕事は、これでお終いにしてあげる。

そんな言葉と共に、姿が闇に消える。

 

 

貴方の為に、側を離れたのに。

貴方の為に、光を捨てたのに。

追いかけて欲しかったわけじゃない。追い詰めるつもりじゃなかった。

こんな日に、涙など似合わない。

落ちる雫のいくつかは。確かに止められたけれど。

こんな風に、願いを叶えて欲しいわけじゃなかった。

自分を犠牲にするなんて、貴方らしくてどうしようもない。

ゆっくりと、信じられない思いを胸に。視線を下ろして行く。

きっとそう、そこにはあの頃の笑顔があるはず。

他の皆の前では、一生懸命完璧な姿を保とうと努力している貴方の。

僕にだけに見せる、我が儘に甘える笑顔が。

聖夜の奇跡が起こることを、切に願って。いつの間にか途切れてしまった賛美歌を、口ずさむ。

僕の、神よ・・・。

 

 

 

END

 

 

【反省文】

どどどど、どうしよう・・・。暗い?暗いですよね・・・おかしいな。
なんで「クリスマス」なんていう明るい事しか浮かばないようなテーマで、こういうことになるのかしら?
途中までは、そこはかとなく明るい雰囲気だったんですけど、どうしちゃったんでしょう(知るか)

今回こそは、明るい話を!って、頑張ってたつもりなんですが。
あたしの表現力に奇跡は起こりませんでしたが(笑)彼らには、奇跡が起こるといいですね。
いや、きっと起こりますよ(でもそこまで書かない。えー・・・)

折角のクリスマスに、沈んじゃったらごめんなさい。
お付き合い、ありがとうございました。ではでは、ハッピークリスマス♪