「アディス!」

叫び声が届かない。

無心というべきなのか、それとも彼なりに考えての行動なのか。

分かっていたはずだった。

彼を見たら、アディスがそういう行動に出るということは。

とめられなかったのは自分の責なのかもしれない。

「守りの風よ!」

声が届かない今、出来る限りのサポートをする。

足手まといになるわけにはいかない。

ここについた瞬間から、既に彼しか見えていないアディス。

剣を抜いて、彼へと容赦なくそれを振り下ろす。

アディスは強い。それは分かってはいるが、今の彼では勝てない。そんな気がした。

自分を見失ってしまい、ルーシリアの声を聞かない今の彼では・・・。

「・・・・・」

どうしたらいいのか、どうするべきなのか。

術を駆使しながら、最善の方法を考える。

 

 

「なかなか・・・・やるな」

にやりと、余裕の笑みが浮かぶ。

それすらアディスの気に障る。

ここについた瞬間、抜き去った剣。

それは、椅子に悠然と腰掛けている男を確かに捕らえたはずだった。

けれど、その場所から動くことなく。

片手に持ったグラスすらそのままで。

空いているほうの手で、いとも簡単にアディスの剣を受け止めてしまう。

「強くなったと褒めてやろう」

嬉しいだろう?と言外に匂わされ、ますますアディスの中で怒りが膨れ上がる。

心のどこかで分かっていたつもりだった。

それが、彼の作戦だということ。

アディスが怒り、自分を見失えば見失うほど、勝機は薄れていく。

決して我を忘れてはいけない。自分をしっかり持ち続けなくてはいけない。

アディスの性格をいろんな意味で熟知している男は、そんな彼の思いを、考えを、いとも簡単に打ち砕く。

後ろで叫んでいるルーシリア。

援護してくれている彼女の忠告も、聞こえてはいるのに体が言うことを聞かない。

「ヴィファーザ!」

失ったもの、奪われたもの。

全てが走馬灯のように駆け巡り、そしてアディスの体を動かしていく。

理性と本能の狭間で。

ルーシリアとヴィファーザの間で。

「っ・・・・!」

幾度目かの剣の交わり。けれど、容赦ない力によってそれははじき返される。

「アディス!」

体ごと吹き飛ばされ、本来なら壁にぶつかっていた体が、ルーシリアの力によって受け止められる。

「大丈夫?アディス」

「・・・問題ない」

心配そうなルーシリアにそれだけを告げ、そして立ち上がる。

そんなアディスの腕をつかむが、さりげない仕草でそれが振りほどかれる。

「援護を頼む」

「・・・・アディス・・・・」

ルーシリアを見ようとしない。

彼の目に映っているのは、目の前にいる男だけ。

「アディス!」

再び剣を構えなおしたアディスの、その剣を持つ手をつかむ。

予想以上に冷たくなっていた手。

剣を振るうという行動をとっているにもかかわらず、冷たいその手に、自分の手を重ねる。

しっかりと、はなさないように。

「・・・・ルーシリア?」

「負けないで」

やっと自分を見たアディスに、それだけを告げる。

 

 

ルーシリアは何を言おうとしているのか。

負けるな。

当然だと、そう返事をしようとして、彼女の目が何かを訴えていることに気づく。

つながった手から伝わるぬくもり。

いつも与えて、与えられてきたぬくもり。

もしかしたら、与えてもらうことの方が多かったかもしれないそれを感じ、少しだけ心が落ち着くのを感じる。

「負ける、わけがないだろう?」

ようやく出た言葉。

ここまできたのだ。絶対に負けられない。勝たなくてはいけない。

全てをその手に取り戻すために。

形無きそれを、ヴィファーザの手から取り戻すために。

そのために、ここまで来た。

いろいろなことがあった。つらいことも、楽しいこともあった。

一晩中泣いた日もあった。

それでも、多くの人と出会い、助けられ、そしてここまでやってきた。

ルーシリアと二人で、ここまで。

そこまで考えて、彼女の言わんとしていることに気づく。

「分かっているなら、いいの」

視線と表情で分かったのか、ルーシリアの表情に少しだけ笑みが浮かぶ。

離れていく手。

「援護、頼む」

さっきと同じ言葉。

けれど、どこか違う意味を持った言葉。

ヴィファーザをにらみつける目も、何も変わらない。

けれど、ルーシリアは今度は素直に頷いていた。

「・・・・ようやく本気、というわけか」

独り言のような、ヴィファーザの呟き。

「いいだろう。ならばこちらも・・・・・」




---next---