「眠れないのか?」

なぜそう思ったのか。

さっきまで後ろで確かに聞こえていた寝息。

そして彼女がベッドに入ってからたった時間を考えると、今は深い眠りに落ちていると考えて問題は無い。

それでも寝返りをうった彼女に声をかけてしまったのは、自分がそうだったからかもしれない。

「・・・・ルーシリア?」

返答が無い。やはり寝ていたのかと考えて、小さな声で名前を呼んでみる。

2つベッドが並んだ部屋。あまり広くもない宿屋のその部屋では、十分に声は聞こえているだろう。

暗闇でしばし気配をうかがう。

「眠れるわけ、ないのかもしれないわね」

かちりと言う小さな音ともに、室内がほのかに明るくなる。

ベッドの間にある小さなローテーブル。

その上に置かれている間接照明が、ルーシリアの手によってつけられたのだ。

「アディスも同じかしら?」

「・・・・」

かけられる言葉に溜息をつき、そしてそれまで背を向けていたもう一つのベッドの方を向く。

ベッドの上に起き上がり、こちらを見て苦笑を浮かべている少女。

明かりに照らされた彼女のその笑みに、アディスも体を起こす。

「大丈夫だ」

思わず漏れた言葉。その言葉に、ルーシリアの瞳が僅かに見開かれる。

「準備は整った。『隠された聖地』の場所はつかんだ。そこへ続く封印をとくための水晶も全て

手に入れた。・・・・・あとは、明日に備えて休むだけだ」

「分かってるわ」

告げられる言葉に、さらに笑みが深くなる。

お互い、分かってはいるのだ。そういう、単純な言葉で片付くものではないということを。

そういう類の心配事で眠れないわけではないのだ、と。

「緊張、しているのかしら」

自分自身に問いかけるように言う。

「あるいは、不安なのかもしれないわね」

「・・・・・」

胸の前で祈るように手を組み、目を伏せるルーシリアを黙って見つめる。

「私たちの力で勝てるのか、この国を救えるのか。・・・・そして、生きて戻ってこられるのか」

「ルーシリア!」

最後の方の言葉は、アディスによって遮られる。

彼がもっとも嫌う言葉だということは分かっていた。言葉にしてしまえば、現実になるかもしれない。

信じることが大事なのだと、そう考えている彼にとって、自分の言葉は気に入らないものだろうと

いうことも分かっていた。

それでも、口にせずにはいられないのだ。・・・・アディスが、怒ってくれるとわかっているからこそ。

たとえ言葉にしなくても、そんなことはないと否定してくれるから。

「早く寝ろ。・・・・・体調を整えないと、お前の言葉は現実になりかねない」

ばさっと音を立てて布団にもぐりこむアディス。

そのまま自分に背を向けてしまった彼に、もう一度小さく笑う。

「そうね。・・・・・おやすみ、アディス」

かちりと音がして、部屋に再び暗闇が戻る。

 死ぬかもしれない。その思いはどちらの胸からも消えることはない。

それは、旅を始めたときから分かっていたことであり、今も眠ることが出来ないほどに彼らを苛んでいた。

それでも、もう引き返せないと分かっている。進むしかないのだと。

・・・・二人に出来ることを、やるだけなのだと。

たとえ、それがどのような結果になろうとも、後悔だけはしないように・・・。






---next---